【燃えろ!陰キャ!】体育祭の陰キャぼっちあるある

f:id:Mocha93168153:20210322222037p:image

 

f:id:Mocha93168153:20210322221247p:plain

体育祭は意外にも嫌ではない

 

体育祭は一部の陽キャたちが盛り上がって青春を謳歌するようなイベントですね。(独断と偏見)

その他の陰キャたちを置き去りに、応援団に加入したりして「ウェーイ」と叫ぶようなリア充のための行事です。(独断と偏見)

 

今回は体育祭の陰キャぼっちあるあるをいくつか紹介します。

 

体育祭は意外にも嫌ではない

 

体育祭は陽キャのための行事というイメージが強いですが、実は体育祭を特に嫌だと思ってない陰キャも多いんですね。

 

というのも、体育祭なんて陽キャが競技にでてくれるので陰キャの出る競技は少ないんですね。

競技に出ない時間は自由時間なので好きに使えます。

 

筆者は木陰で1人でゲームしたり本読んで時間を潰してました。

 

これが最高の体育祭の過ごし方ですね。

 

休憩場所で終始のんびりしてる

 

休憩場所では水飲みながら、スマホいじったり本読んだり自由に過ごせます。

ぶっちゃけ何もすることがないので、心の中では体育祭を「合法のサボり時間」と呼んでました。

 

競技の時間はだるいですが、大抵は1~2種目しかでなかったりするので楽です。

 

終わればすぐに帰宅する

 

終わればすぐに帰宅します。

 

ほかのメンバーは打ち上げとかに行きますが、当然誘われないので速攻でお帰りです。

 

家に帰ると、あまり汚れてない体操服を脱いで私服に着替えて、ゲームします。

体育祭、悪くない。。。

 

【そうだ、ぼっちになろう】修学旅行のぼっちあるある

f:id:Mocha93168153:20210319074654p:image

 

f:id:Mocha93168153:20210114205658p:plain

班決めで必ず溢れる

 

修学旅行は学校の行事の中でもトップクラスに人気な行事ですね。

仲のいい友達などと観光地を回れるので楽しみにしてる人も多いと思います。

 

今回は陰キャぼっちの修学旅行あるあるをいくつか紹介します。

 

班決めで必ず溢れる

 

修学旅行では班ごとの自由行動の時間が設けられてます。

事前に班を決めておいてそこから観光するという時間ですね。

 

その事前の班決めの段階で溢れてしまいます。

コミュニケーションが苦手なので、班決めは大の苦手なんですね。

 

結局、適当な班に放り込まれてしまいます。

 

いやほんとに、コミュ障を適当な班に放り込むなんて人間の所業じゃないと思うんですけど、、、

その後、気まずくなるのは目に見えてますね。

 

陽キャの偉大さを痛感する

 

そんな感じで班や部屋分けなどで適当なところに放り込まれた陰キャは、必然的に陽キャたちと話す機会も出てきます。

 

そこで、普通に親しげに話してくれる陽キャの偉大さを痛感したりしますね。

 

こんなクラスで"害のない毛虫"的な存在の陰キャにも接してくれるなんて、意外といい人たちなんですね。

 

なんやかんやで楽しい

 

まぁ、気まずい場面も多々ありますが、なんやかんやで修学旅行はぼっちでもたのしいんですね。

あんなに毛嫌いしてた陽キャたちともそれなりに話せるようになります。

 

修学旅行が終われば話さなくなりますが。。。

 

【ピカピカの陰キャ】入学式の陰キャあるある

f:id:Mocha93168153:20210317175255p:image

 

f:id:Mocha93168153:20210114205658p:plain

教室で周りに知ってる人がいないと詰む

 

入学式では初対面の人と関わる機会が多く、新しい環境での生活の一日目となる日ですよね。

これからの新生活に期待を抱く人も多いと思います。

 

が、陰キャにとっては入学式はなかなか酷なイベントでもあります。

 

陰キャの入学式あるあるをいくつか紹介します。

 

教室で周りに知ってる人がいないと詰む

 

陰キャは基本的に人見知りでコミュニケーションが苦手な場合が多いです。

知らない人に話しかけるなんて上等スキルは持ち合わせてません。

 

そして、話しかけられずにいると周りの人は既にグループを形成しててチェックメイトとなります。

 

入学式にスタートを出遅れると、大抵の場合は卒業までぼっちコースまっしぐらです。

お疲れ様です。

 

入学式の直前に脱オタなどの情報をあさる

 

入学式が始まる少し前に、陰キャは友達が出来るかどうかという強い不安に襲われます。

 

その強い不安からか、ネットで「友達 作り方」とか陰キャ 抜け出す」などの人に見られたら恥ずかしい検索ワードでいっぱいになります。

 

もしも、こんな検索ワードを見てしまったとしても笑わないでやってください。

陰キャ陰キャなりに悩んだ結果なのです。

 

知り合いが知らない人と話してると虚無感に襲われる

 

知り合いが知らない人と打ち解けて仲良く話してると、なぜだか虚無感のような感情が溢れてきます。

 

「自分はまだ誰とも仲良くなれてないのに、、」みたいな何とも言えない感情ですこし困惑してしまいますね。

 

【ドキドキは無縁】バレンタインの陰キャぼっち学生あるある

f:id:Mocha93168153:20210314171738p:image

 

f:id:Mocha93168153:20210114205658p:plain

貰えないと分かってても少しは期待する

 

一ヶ月遅いバレンタインネタです。

 

バレンタインは行為を寄せる男性に女性がチョコを送る日本特有のイベントです。

この日を待ち遠しく思ってる男性も多いと思います。

 

しかし、陰キャぼっちには無縁なイベントです。

友達も少ないのに、チョコがもらえるなんて夢物語ですね。

 

今回はバレンタインの陰キャぼっち学生のあるあるをいくつか紹介します。

 

貰えないと分かってても少しは期待する

 

先程も話した通り、バレンタインは陰キャぼっちには縁遠い話です。

少なくとも、頭では理解してるのです。

 

しかし、それでも心のどこかでは「もらえるかも」という期待をしてしまってるのです。

たとえ天変地異で地球がひっくり返るくらいありえないことだとしても、期待してしまうのです。

 

悲しい陰キャぼっちの性ですね。

 

ロッカーや机に入ってないか期待する

 

陰キャぼっちは基本的に誰とも話しません。

それはバレンタインの当日も例外ではなく、異性どころか同性とも話しません。

 

それでも、期待してしまうのです。

直接話しかけられなくても机とかロッカーに入ってないかなぁ、と漫画のような展開を夢見てしまうのです。

 

実際には机とかロッカーとかに入ってる訳ないとは気づいてるんです。

そもそも、下駄箱とかにチョコを放り込むって衛生的にはどうなんでしょう、、?

 

帰宅して虚無感にさいなまれる

 

色々期待した結果、結局もらえません。

放課後もいつもより少しだけ長く学校に残ってみたりしますが、もらえません。

 

それで帰宅すると、「はぁ、なんでもらえないんだろう、、」と虚無感に苛まれてしまいます。

 

それで挙句の果てには「バレンタインなんてお菓子メーカーの戦略だ」とか「俺はチョコ苦手だから」とか言い訳を並べます。

 

義理でもいいから渡してあげてください。。。

 

【自炊ぼっち飯】バニラアイスとウイスキーが最高すぎる

ぼっち飯

ぼっち飯とはひとりで食事をすることです。

人とのコミュニケーションを必要としないため、自分のためだけの食事を楽しむことができるが特徴です。

 

また、どれだけ手抜きでも見栄えが悪くても自分が美味しければそれでいいという潔さも魅力です。

このような自炊ぼっち飯を紹介していきます。

 

今回は、そのままで食べても美味しいバニラアイスにアレンジを加えて、大人スイーツを作ろうと思います。

 

使うのは、

 

f:id:Mocha93168153:20210210220442j:image

バニラアイスと、

 

f:id:Mocha93168153:20210210220515j:image

ウイスキーですね。今回はブラックニッカしかなかったのでこれを使います。

 

作り方は簡単です。

 

f:id:Mocha93168153:20210210220913j:image

バニラアイスにウイスキーをかけて食べる。それだけです。

お好みでハチミツをかけると、ホントに最高です。

 

使用するウイスキージャックダニエルテネシーハニーがおすすめですね。

甘いハチミツの味わいがバニラアイスによく合うんです。

 

 

ぼっち飯、最高。

 

【仰げば陰キャ】卒業式の陰キャぼっちあるある

今週のお題「〇〇からの卒業」

 

f:id:Mocha93168153:20210312162903p:image

 

f:id:Mocha93168153:20210114205658p:plain

卒業アルバムの後ろは白紙

 

卒業式は数年間の学校生活を終えて仲間と別れてしまったりする悲しいイベントです。

中には感極まって泣いてしまう人もいると思います。

 

しかし、全ての人にとってそうとは限りません。

陰キャにとっての卒業式は少し勝手が違うのです。

 

ということで、陰キャぼっちの卒業式あるあるをいくつか紹介します。

 

卒業アルバムの後ろは白紙

 

卒業アルバムの後ろ側には大体、寄せ書き用のページがあると思います。

普通はそのページに友達からサインを書いてもらったりするらしいです。

 

しかし、ぼっちにはそんな習慣はありません。

ぼっちの卒業アルバムの後ろは真っ白です。

 

ちなみに、筆者は「必要ないものは切り捨てる」という信念があるので、筆者の卒業アルバムは存在しません。

みなさんは卒業アルバムは大切にしましょう。

 

涙とは無縁

 

卒業式では「涙の卒業式」とか言われたりしますよね。

多くの人が友達との別れを惜しんだり、思い出を振り返ったりして涙します。

 

が、ぼっちには無縁です。

 

別れを惜しむ友達がいないし、行事にも思い出が少ないため涙することができないのです。

むしろ、3年間の懲役刑という刑期が終わり、釈放されたような開放感すらあります。

 

卒業式は悲しいものではなく、嬉しいものという認識でしたね。

 

卒業式の後はすぐ帰宅

 

通常は仲のいい友達同士で打ち上げがあったりすると思いますが、当然誘われません。

 

卒業式の後はすぐ帰宅

留まる理由も特にありませんので、終わり次第お帰りですね。

 

また、人気のない場所に呼び出されて告白などのようなイベントのフラグは立つはずもありません。

フィクションの中だけの話だと思ってます。

 

【リアル】陰キャぼっち大学生の過ごし方あるある

 

f:id:Mocha93168153:20210114205658p:plain

講義中が1番ラク

 

高校を卒業して仲のいい人と離れた大学に通うことになりぼっちになる人も多いと思います。

もしくは、筆者みたいに高校からぼっちを貫く人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、大学生陰キャぼっちのあるあるをいくつか紹介していきます。

 

講義中が1番ラク

 

学校生活の中では1番楽なのは休み時間中などではなく、講義中ですね。

一人で落ち着いて座りながら授業を聞いて、たまに寝たりして自由に過ごすことができます。

 

筆者も楽な講義は昼寝の時間にしてます。

「大学に行ってなにしてるんだ」と言われたら迷わず「ゆっくりのんびりしに行ってる」と答えます。

 

学食などの人の多い場所では叶わない贅沢です。

ただ、講義によってはのんびり落ち着けない、めんどくさい講義もあるのでネックですが。。。

 

ぼっち飯に抵抗がなくなる

 

高校の時はみんな固まって昼飯をたべてたりするので、ぼっち飯は結構浮きやすいです。

ので、ぼっち飯への抵抗が大きいです。

 

しかし、大学まで行くとぼっち飯をしてる人って少なくないんですね。

周りに一人の人が結構いるので気にならなくなります。

 

しかも、学食にいる人数が多いので安心感はありますね。

不特定多数の有象無象がいる中で、1人で飯を食べてる陰キャなんて誰も気にする人がいないからです。

 

いやぁ、ぼっち飯さいこう。

 

図書室が憩いの場

 

とはいえ、誰も近くにいない環境でゆっくりのんびりしたい時もあると思います。

 

そんな時は図書室は最高です。

基本的に人が少なく声をかけられることも少ないため、1人でゆっくりするにはもってこいの場所なんですね。

 

筆者も暇な時は一日中入り浸ってました。

そこで寝たり携帯いじってたりしてましたね。めちゃめちゃいい場所です。

 

え、図書室は本を読む場所?誰がそんなことをきめたんですか?

そんな曖昧な常識にしばられず自由に生きましょう。←クズ